プロが選ぶ建材通販「アウンワークス」とは?DIYに個人利用は可能か?

DIY便利通販

一家に1台インパクトとまでは言いませんが、初級者から上級者まで何かしらのDIY経験をするご時世、DIY初級者が資材の購入に使うのが、カインズやビバホームなどのホームセンターと楽天やアマゾンなどのWEB通販に対して、DIY上級者はどこで資材購入するか?

DIY上級者とDIY初級者のちがいは何か?

DIY上級者とDIY初級者のちがいは、持っている工具などの差はあるとして、DIYするものに関して、完成イメージ、必要資材の割り出しが明確で、DIY上級者には無駄がないことだと思います。

使用環境に合う材質は?耐荷重は?塗装は?設置方法は?など、例えば棚を一つ作るにも、設置場所や使用目的によって様々ですが、そこに迷いがなければ、資材の選択購入にかかる時間もパワーも大きく変わってくるのです。

DIY上級者もプロもホームセンターは当然使いますが、運命の資材との偶然の出会いは求めておらず、スーパーで焼きそばを作る材料をピックアップしていくように、迷いなく資材購入します。

利用する通販の違いで何が変わるのか

SNSなどで作りたいもののイメージを検索して、いざ作ろうとした際に、楽天やアマゾンなどのネット通販でちょっとおしゃれな材料などを見つけてしまうと、そちらに引っ張られてはじめのイメージからどんどん離れていくことがあります。

また、楽天やアマゾンなどのショッピンモールに出店している店舗は比較的小規模な問屋さんなどが多いため、専門分野で細かく分散したり、選択肢が少なかったりすることがあります。

作っている途中で、計画を変更していく、見つけた材料でなんとかする、それがDIYの醍醐味!という考えもありますが、DIY上級者は、はじめのイメージに必要な資材、材料をネット通販でもホームセンターと同じように明確にピックアップしていきます。

欲しい資材が楽天で見つからないから、代わりのものを使うのではなく、プロが使う通販で欲しいものを確実に見つける。そして、迷いなく仕上げる。

プロが使う通販は素人でも使える

プロが使う通販を素人が使うことは可能です。素人お断りなんて問屋は実店舗ではまだありますが、ネットであれば関係ありません。36万点をこえる品数で国内最大規模の建材通販「アウンワークス」を使いましょう。ちなみに「素人お断り=明確に商品をピックアップできないので、プロや店員のじゃまになるから」と考えれば合点がいくと思います。

1598年創業、年商1200億円の建材商社、野原グループが運営するアウンワークスは、プロが使う建材通販ですが、個人での利用も可能。ほとんどの建材メーカーと直接取引をしているため、余計な中間マージンが発生しないため、低価格で商品提供できるのが、人気の理由。

品番がわかれば安く手に入れられる可能性も

プロに選ばれる36万点を超える商品掲載数は、DIYには有り余る選択肢を与えてくれます。品番がわかれば品番から検索することも可能なのでSNSや別のオシャレ系DIYサイトなど、ネット検索で見つけた商材などを低価格で見つけることも可能です。

通常、消費者の手に渡るまでに、様々な中間業者の手を通過してきますので、在庫処分などの特別な理由がなければ、メーカーを山の頂上とすると、すそに広がって行けば行くほど、それぞれの業者がマージンをのせるので、値段は上がっていきます。

選択肢は多く、値段は安く

DIY初心者を卒業したら、プロも使う建材通販「アウンワークス」を利用して、賢くDIYです!

コメント