スタイロフォームとは?断熱材を敷く

DIY日記

床張りをDIYされるかたも増えているようですね。和室を洋室にするためにフローリングを張る、古くなったフローリングを新しいオシャレなものに張り替える、キッチンのクッションフロアをフローリングに、などなど。

せっかく、床の張り替えです。この機会にしっかり断熱しましょう。扱いやすくて、ホームセンターで簡単に手に入るスタイロフォームをご紹介。

スタイロフォームとは、床下からの断熱

早速、断熱材を買いにホームセンター、ビバホームへ向かいます。

水色の大量に積まれている発泡スチロール的なものが、「スタイロフォーム」という断熱材です。

床を張る際に上から「床材」、「合板の捨て貼り」、「根太」の3層になりますが、スタイロフォームは「根太」にはめ込む形で床下からの断熱材として使用します。

厚さが何種類かありますが、すっぽりと根太に収めたい。今回、キッチンDIYでは根太のサイズが、幅40㎜×高さ30㎜の垂木を使用しているので、隙間ができないように、30㎜厚を使用します。

根太の高さより薄いものを使用すると隙間ができて断熱効果が落ちてしまうので注意です。注意点はここだけだと思います。

スタイロフォームにはいろいろある

今回購入したのはスタイロフォームⅠB、厚さのバリエーションは15㎜~100㎜まで、小刻みに10段階あるようなので、間違いのないよう、要採寸です。大きさはいつもの規格通り910㎜×1820㎜。スタイロフォームにも性能差があるいくつかの種類があり、今回使った「スタイロフォームⅠB」はもっとも一般的なようで、「スタイロフォームⅡB」、「スタイロエースⅡ」と断熱性が高まるようです。

スタイロフォームをはめ込む作業

基本、発泡スチロールですから、カッターで簡単に切れます。1mの長い鉄の物差し買いました。これあるとはかどります。

切ってはめて、あまった根太用の木材をパズルのようにはめていきます。

ちなみに、素人が根太を敷くについてはこちらの記事を↑

敷きはじめちゃえば、1日あれば、あっという間です。普段やらない作業は、とても充実感味わえます。子供も、この上をゴロゴロ転がって遊んでました。


あみだくじ的な横棒は本来不要かと思いますが、今回は根太を元の床のコンクリートに、捨て貼り後に固定をする予定だったため、歪み防止にいれました。

スタイロフォーム通販でも買える

建材通販アウンワークスでも購入可能、詳しくはこちらの記事で↑

ホームセンターが遠い、車がない、免許がない等スタイロフォームを買いに行くのが難しい場合、通販でもスタイロフォームは買えます。Amazonなんかでも売ってはいますが、送料が高額で、何か損した気分になるので、専門サイトで買うのがおススメです。

スタイロフォームを建材通販「アウンワークス」で買う

以前は配送圏が関東の1都3県でしたが、関東全域にひろがりました。そこに住んでいれば、ここで買うのが安くて楽!おススメです。プロが使う建材通販をDIYで利用したら無敵です。

車のハッチやドア、閉まらなければ養生すればいい

約20㎡分のスタイロフォーム、かなりの量です。ホームセンターからのお持ち帰りは大変でした。。運転席ポジションを一番前に、ヘッドレストをはずして、頑張りましたが、車のハッチが閉まりません。売り場に戻って、緑色の養生テープを購入。走行中にぶちまけないようしっかり貼って何とか帰ってきました。こんな窮屈な運転ははじめてです

車の大きさがギリギリの皆さんは面倒でも、軽トラ借りて安全運転又は通販で買ってください。この顔、苦痛、苦痛、苦痛。あ、これ私です。

次回、捨て貼りをはる前に、床材を選びにいきます。

床の印象で、部屋の印象は大きく変わりますので、失敗できません。

それでは、また次回!

コメント