2×4材でのDIY、コーナークランプを持ってると超簡単

ホームセンター 壁をDIY 工具

DIY初心者でも今回紹介するコーナークランプを使って、
角を直角に固定してから、ネジを打てば超簡単、というお話。

2×4材を使ってDIYします。

コーナークランプを持っていると超簡単


2x4材でDIYするときに
ぜひ使ってほしい道具があります!


机や棚など何を作るにも、
4つの角を直角にするのは、ネジの締め具合や、
木材が微妙に反っていたりして、
意外と難しく


出来上がったら何やら
歪んだ形になってしまったりします。

ひとつ歪みがでると、
その後、今回でいえばOSB合板で面貼りする際に
角があわずに、困ったことになる
わけです。


そこで、コーナークランプをつかいます。
このコーナークランプを使って、角を直角に
固定
してから、ネジを打てば、

後は、木材の反りだけを気にして作業すれば
だいたいいけちゃうわけで、

コーナークランプを持っていると超簡単、
あるのとないのでは天と地の差です。

この先のDIYがずっと楽になると思えば、
数千円なので、4つ、少なくとも2つ買っておくと
良いと思います。

木材購入の際は反りをしっかりチェック

木材購入の際にできるだけ反りのないもの
選ぶのも重要です。

かなりの確率で2x4材は反っています

ホームセンターの床は平らとは限らないので、
床において確かめるよりも、

商品を積んである金属製の棚を見つけて、
その棚の、金属部分に押し当てて
反りチェックする
のがおすすめです。

サッシの半分の高さの壁をつくります

レンタルキッチンスタジオをDIYで作っているこの物件、
1面が6枚のサッシと1枚のドアになっているため
冬場の寒さが心配

前回サッシを直した際に、
中央の2枚だけ開閉可、
残りの4枚をはめ殺しにしたので、

はめ殺しの4枚のサッシ部分に壁を作ります
床から天井まで、すべてふさいでしまうと、
室内が暗くなってしまうので、
サッシの下半分の高さで壁をDIY
します。

だいたいのメモを作って、
材料の2×4材を一番近くのホームセンター、
ビバホームに買いに行きます。

久しぶりの電動丸ノコを
またもやアンティーク家具店のパパ友にお借りして、
ジャンジャン切っていきますが、やっぱり何か苦手です。

2x4材で枠組みをつくっていきます

内装の仕上げにOSB板を使う方向で考えているので、
1820×910のOSB板を
そのまま貼り付けられる大きさの枠組みを
長辺2本、短辺4本で2組つくり、


壁を塗った際に余ったペンキ(黒)で塗装します。
なんだかそれらしく仕上がっていると思います。
強度的には
後々、設置時にOSB板で面を貼るので問題なしです。

水性ペンキは余っても、ちゃんと保管しておけば
割とずっと使えるので、大き目のを買っておくと
本当に便利、いまだに使っていますが問題なしです

ビバホームのカットサービス、カインズと比べて

木材を切る作業はなかなか大変です。カットミスで無駄をしたり、

切った際の木屑の処理など、そこで、

「次からは、設計段階でしっかりとサイズを測って、
ホームセンターで切ってもらおう」
と決めました。

ちなみに、私の行っているビバホーム
「1カット50円」で指定のサイズに切ってくれますが、

噂によるとカインズは1カット30円だとか、
カインズは工具も無料で貸してくれるとか、
カインズはペンキ塗りまで店内でできちゃうとか。。。
いいな、カインズ

壁の設置は、
カウンターキッチン設置時に同時に調整しながらかな、
ということで、今日はここまで

「キッチンのある部屋をDIYして、事務所兼用のレンタルキッチンを運営する」計画。

それでは、また次回!

コメント