天板探し、集成材、ステンレストップ、IKEAのワークトップ

キッチンをDIY資材調達

キッチンカウンターやテーブルをDIYする際に迷うのが天板を何にするか。
集成材や無垢材、ステンレス、既製品の利用などコストと見栄えのバランスですね。
キッチンDIYでは最終的に

IKEAのワークトップ カールビー を利用することにしましたが、
それまでに、迷ったり、調べたりしたことを今回は書いていきます。

天板の素材を考える、無垢材、集成材、ステンレス

まずは、素材です。木材系にするか、金属系にするか。
木材系にする場合:無垢材、集成材、合板、パーティクルボード、等
金属系にする場合:ステンレス

「材料を専門業者から購入」「ホームセンターで購入」「既製品を購入」
などの選択肢がありますが、ステンレス、無垢材、一部を除く集成材は
専門業者への発注が必要
になりそうでした。
その際に見積もり参考にさせていただいたのが、こちらの3つのWEBサイト。

DIYの味方、木材フリーカット通販

国産無垢材フリーカット 無垢板タモ 62円 〜(税込)

無垢材から金物、塗料等、DIYに欠かせない材料が通販できる
モクモクマーケット。


国産無垢材、北米産無垢材のフリーカット、集成材のフリーカットを売
通販で購入可能。あわせてビス類、金物や塗料も購入できるので、
構想して、材料を割り出して、注文すれば、届いてすぐに組立開始できる。
価格も通販サイトなので明瞭。北海道から沖縄まで対応です。
欲しい材料がホームセンターで見つからないことがよくあり、
代替商品で妥協することもありますが、通販なら確実ですね。

WEBで見積もり、木材販売のマルトクショップ

40種類以上の各種無垢材のフリーカット通販

木材(無垢材・集成材・積層材)販売・通販の株式会社マルトク

豊富な無垢材、集成材からサイズや加工を指定して購入可能な
マルトクショップさん。
木材の種類を選び、大きさや厚さ、面取りや反り防止加工、コーナーR加工、
塗装
まで、オプションで依頼することができます。
1000㎜×4000㎜、厚さ70㎜までの集成材が発注可能。
また、サイズや加工を入力すればすぐに価格が表示されるのでとても便利です。

WEBで見積もり金属板販売の板曲げ.com

井上商事株式会社 板曲げ.com

井上商事さんの板曲げ.comは金属板の加工販売をされているWEBサービス。
アルミ、ステンレス、鉄の曲げ、穴あけ、溶接、カット、塗装をしてくれます。
金属の厚みを指定できたり、ふちの折り曲げ加工をして発送してくれるので、
パーティクルボードなどで天板のベースを作って、そこにかぶせれば、
重厚なステンレス制の天板をDIYで作ることができます。
シンクを組み込む場合などは指定のサイズに穴あけしてくれます。
こちらもサイズや厚み加工オプションを入力すると価格が表示されます。

ホームセンターでも買える集成材

ホームセンター

一部集成材はホームセンターでも手に入ります。
参考までに我が家に一番近いホームセンター、ビバホームには
メルクシパイン集成材であれば大き目のサイズが手に入りそうでした。

しかし、部分的に切ってもらってそれだけを買うことはできないので、
そこまで大きくなくてよいというパターンでは値段も高くつきます


欲しいジャストサイズがあれば買ってもよい
かもしれません。
残念ながら今回の天板にフィットしそうなサイズはありませんでした。

IKEAのワークトップはコスパ最高

IKEA

天板はかなり高価になりそうで、迷っていたのですが、
照明機器を探しに行った際にたまたま見つけた
IKEAのワークトップがなかなか良さそうな雰囲気でした。

「ワークトップKARLBY カールビーワークトップ, オーク, 突き板, 186x65x3.8 cm¥ 19,900」

このワークトップですが、パーティクルボードにオーク材の突き板
(天然木を薄くスライスしてあるもの)を貼ってある
もので、
IKEAのキッチン関連コーナーを見回すと、いたる所に使われています。

IKEAの家具=重い、という印象を持っている方も多いと思いますが、
このワークトップもかなり重いです。
料理で手荒に使うことも多い、キッチンカウンターですから、
このくらいの重量感があると安心できます。

厚さ38㎜、反り等の心配もなさそうでお安い。
だいぶ、妥協した感はいなめないのですが、コスパを考えて、
これをキッチンカウンターの天板に採用することにしました。

続きはこちら

このワークトップ、好きなサイズに切断して使うこともできますが、
突板が貼ってあるタイプなので、サイド面4辺がすべて露出する
アイランドで使用するときは中身見えちゃいます
ので、気を付けましょう。

コスト的にはもろもろ考えると集成材やステンレス造の3分の1、
飽きたり、汚れが目立つようになったら、この上にすっぽりと
板曲げ.com でステンレスを発注してかぶせてやろう
と思っています。

その他、DIYお助けサイト↓値ごろ感を調べたり、通販購入したり

余裕があればJHON BOOS

余裕があれば、アメリカのJhon boos(ジョンブース)使いたかった。
そして、育てたかった。今回は予算的に無理でした。
ちなみにJohn boosはAmazonでも買えるので予算に余裕があれば。

1インチ=2.54cm

ジョンブースのブッチャーブロックの天板やまな板は
アメリカのホワイトハウスの厨房でも使われているっていう話も有名。
最高品質で耐久性最高で何世代にもわたって使い続けられるらしい。
しっかり掃除して、オイル塗ったりして、育てていきたい系ですね。

変なシステムキッチン入れるならありだな。。って思う。

コメント