床材探し、床材の選び方、無垢材、無垢調塩ビシート

床をDIY 資材調達

最終的に無垢フローリングドットコムのショールームで
無垢調の塩ビシートの床材を選択、
決定するまでの悩んだ床材探しについてのお話。

根太、スタイロフォームで断熱、捨て貼り、大事ですが

実際に目に触れるのは床材。たくさん悩みましょう。

理想の床材のイメージ

床材の選定ですが、
・見た目がかっこよいこと
・土足での使用に耐えうること
・手入れが簡単なこと
・コストパフォーマンス

この辺が条件なのですが、そんな都合の良い床材あるのか?
と思うので、まずは、理想の見た目で探していきます。

ビバホームの床材コーナー

ここまででのイメージで、まずはいつものビバホームへ行きます。

フローリングのコーナーへ行きましたが、
いわゆる一般のお家にありがちな、
幅75㎜ほどの幅狭なテカテカ風合いのものがほとんどで、
まったく心にささらない。。。のです。

そのなかで、

唯一心惹かれたのは資材コーナーの杉足場板
建設現場での足場につかわれる20㎝幅、300㎝の長さの板ですが、
店舗の床材ウッドデッキなんかにも使用されるようで、

なかなか良い風合いです。「杉足場材」候補1です。

ビバホームでの候補は杉足場板にしぼり、

次行きます。
やはり、テカテカの家のリビングみたいな
フローリング床はひきたくないので


カッコいい床といえばの
無垢材」を探してみます。

無垢フローリングドットコムへ

検索でみつけました、
無垢フローリングドットコム
ナカムラ・コーポレーションという会社が運営するこのサイト、
無垢材フローリングが豊富に取り揃えられております。

DIY初心者にもわかりやすい解説・説明が気に入りました。

渋谷にショールームがあったので、早速行ってみました。
渋谷駅から宮益坂を登り切って少し行ったところにあります。
(横浜、梅田、芦屋にもショールームがあるようです。)

印象としては、
いわゆるプロの方たちでない、
私のようなDIYerにも

入りやすいところでした。

店員?さんも親切にいろいろ説明してくれます。

用途、好みというか理想、予算感
等々説明をしてアドバイスを求めたところ、
いくつかの無垢材フローリングをならべて説明してくれました。

フローリングの形状について、
ユニタイプ乱尺タイプ一枚ものタイプ、等々。

「一枚ものタイプ」
その名の通り、フローリング1枚が1本の木からできているもの。
価格は1本の丸太からとれる量が限られるので高め。


「ユニタイプ」
工場で1枚のフローリングに短めのピースをジョイントしてあるので、
一枚ものタイプのように1本の丸太から少量しかとれない、
なんてことがないため、わりとコスパがよいとのことです。


「乱尺タイプ」
1枚のフローリンにピースのジョイントはないけど、
長さが一定じゃないものなので、価格としては中間。

と、自分的には理解しました。
予算的にはユニタイプ一択のようです。

あとは、木材の種類によってもピンキリで、
産地がどこか節があるかないか、等々、
勉強になりました。

その他にも、
土足仕様だと濡れることも多いので、反ったり、曲がったり
手入れはしっかりしないとダメ
、とか、
難しければ、手入れの楽な無垢調の塩ビシートの選択もあり
と説明をもらいました。

カタログと無垢材数点と塩ビシートのサンプルをもらって、
さんざん悩みました。

GO OUT livin’の アウトドアテイスト

余談ですが、

初回にも書きましたが、CASA BRUTUSもそうですが、
GO OUT livin’という雑誌のテイストが好きで、

この雑誌のテーマというか、
アウトドア的なものをインドアにとりいれた、
好きなものと暮らす的要素があります。

その中に、
「アウトドア好き的な、部屋。」
というのがあります。

もともと我が家は毎年3~4回キャンプに行くので、
アウトドアテイストが好きで、
そのキャンプ道具もうまく取り入れたいのです。

その中に、
わりと武骨というかワイルドな風合いの床材がよく登場します。


イメージとしては山小屋の床という感じでしょうか、
一枚一枚の幅が広いのも特徴です。

床材を決定しました。 22.75㎡分、発注

決定しました。

無垢フローリングドットコムの「無垢調の塩ビシート」
「オークソウマーク ダーク柄 無垢調シートワイルドフローリング」
訳すと
「オーク材風、ソウマーク(のこぎりで切った風の加工)付き、
暗めの色調、無垢材風加工の塩ビシート、
樹木の特徴をそのまま生かしたワイルドな風合い柄のフローリング」

と、なります。

右側が
「オークソウマーク ダーク柄 無垢調シートワイルドフローリング」

ちょっと、カメラライトの影響でてかっていますが、

これが、予想以上にかっこよくて、安くて、
使いまわしがよかったです。

ワイルドフローリング(塩ビですが)177.8㎜幅で、
理想の幅広でワイルドな風合いについては、
ある程度、満たしていて、
手入れが楽で、コスパがよいということです。

杉足場板と悩みましたが、子供が転んでも、寝転がっても
トゲもささらず料理をこぼしても、さっと掃除ができる

ナノシルバーという抗菌、殺菌、防カビ加工がしてあって、
施工もカッターで切れて簡単(電動丸ノコ使わなくてよい※前回参照)。


1ケース3.25㎡を7ケース22.75㎡分、発注しました。

床材も決定して、次回は捨て貼りです。

今回のポイント

DIYをしてると、ネット上で決めてしまうことも
多くなりますが、実物を見るのが大事ということ。
ホームセンターだけでなく、
企業のショールームを見に行くと発見ありです。

「キッチンのある部屋をDIYして、事務所兼用のレンタルキッチンを運営する」計画。

それでは、また次回!

コメント